会議などの音声を文章にする|テープ起こしはプロに依頼しよう

レディ

プロに頼んだ方が早い

PCを操作する人

正確に起こしてもらおう

IT化してきている世の中なので、未だにアナログ的な方法を使う企業は少なくなってきています。しかし、それでもアナログ的な方が正確で便利なこともあります。その一つに、テープ起こしが挙げられます。テープ起こしは、座談会や会議などの発言をテープに録音したものを文章に起こすという仕事です。これは慣れないことには簡単にできない仕事なので、多くの企業では長けている人や会社に依頼することになります。例えば、テープ起こしや翻訳などを専門的に行っている企業に依頼するのです。そうすることで、より正確な文章を起こしてもらえます。一字一句、間違わないように起こしてもらうことももちろん大切です。しかし、文章として成り立つように校正してもらうこともあります。ここまでやるからには、当然、文章作成のプロではないとできません。特に、起こしたものを記事として世に出すともなれば、読みやすく仕上げる必要も出てきます。もちろん、テープ起こしの利用方法は他にもあります。外部の会議を文書にしたり、社内会議を文書にしたりというように、社外でも社内でも利用する機会は多いものなのです。また、最近はカセットテープに録音するのではなく、CDやボイスレコーダーに録音することも多くなっています。このような機器に録音したものでも、テープ起こしの作業とは大差ありません。かえって、録音性能が良くない、起こしやすくなることがあります。会議の場合は1時間以上のものもあるので、1時間の文書にするとなると、相当な時間がかかります。

国旗

言葉のストレスを減らす

香港では多くの場合英語でのコミュニケーションが可能ですが、細かいニュアンスの違いや先方のストレス軽減を考えると通訳をことが、ビジネスにおいてプラスに働く可能性は高いです。また、ビジネスレベルの通訳者であれば、現地の商習慣を理解している場合も多く、通訳以外の面でのサポートを受けられる可能性もあります。

地球儀

海外ビジネスでの言葉の壁

香港でのビジネス遂行にあたり通訳業者を選ぶ際は、英語、広東語、北京語と日本語、全てに精通していることが条件となるでしょう。また、ビジネスの知識が豊富で、現場での通訳作業に慣れているスタッフがいる業者ですと、大事な場面でも安心できます。研修が充実しているなど、教育が徹底されていることが大切です。

英語

翻訳と業者活用

1つのドキュメントを複数化国向けに作成する場合には、多言語翻訳を業者に依頼する必要性がでる。多言語翻訳を業者に依頼する場合には、1か所で全ての言語の翻訳が対応できることや、専門用語も正確に翻訳してもらえるかなどが重要になる。